本を読むゲイの会

読書が好きなゲイの集まり
ゲイの読書サークル

活動内容

本を読むゲイの会では、読書会を行っております。開催頻度は月1~2回で、開催場所は新宿となっております。

事前に決めた課題本を読み、感想を話し合います。課題本の選定は、話題の本やメンバーのおすすめ本から決まります。

また当会は本の感想を話し合うだけではなく、文化系のゲイのための居場所としても設立されました。本好きの友人を作りたいと言った参加理由でも結構です。ゲイ男性であればどなだでも参加できますよ。

今後の開催

直近の読書会の課題本と日程です
2017.10.07

三四郎

あらすじ: 熊本の高等学校を卒業して、東京の大学に入学した小川三四郎は、見る物聞く物の総てが目新しい世界の中で、自由気儘な都会の女性里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれてゆく……。青春の一時期において誰もが経験する、学問、友情、恋愛への不安や戸惑いを、三四郎の恋愛から失恋に至る過程の中に描いて『それから』『門』に続く三部作の序曲をなす作品である。
2017.11.03

カエルの楽園

あらすじ: 安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまでは―。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。

参加申し込み

参加希望の方は以下のフォームからどうぞ
お名前メールアドレス年齢コメント